きのう、長崎堂におじゃましました。

長崎堂さんは百貨店にもはいっていますが、リキュールのボンボンは本店にしかないのです。

ブルーはアニスのお酒アニゼットボンボン、白はコアントローボンボン、ピンクは、桜桃から作られたマラスキーノボンボン。

あの田辺聖子さんもお気に入りで、小説にも登場しています。ハイカラ大阪の素敵な世界が心斎橋には健在で嬉しいです。2階の喫茶室でゆっくり過ごすのも一興ですね。

400年前、南蛮文化とともに、カステーラや金平糖がはいってきましたが、それが時代に合わせて洗練された形で、優しくて味わい深いひとときが流れています。大正8年創業、三代目ご主人の奥様、美江子さんとも、まだ2回目というのに、お友達のようにお話させてもらっています。

ちょっとよそゆきな雰囲気ですが、家で食べるくらいなら、カステーラのはしがお値打ちです。カステラ好きの息子もいたく喜んでいました。