東日本大震災

2893/ あの震災からもう4年です。

2011年6月、震災後初めて山田町の復刻食堂に出かけて、お好み焼きの炊き出しとたこ焼き教室を開いた時のことを思い出します。
たこ焼き教室に参加した人のなかには、たこ焼き器を持っていたという人も多かったんですが、「流されてしまいましたよ~」と明るくおっしゃるので、返答に困ったものです。
4年もたてば、このときのfukko_0618_130fukko_0619_024fukko_0619_064fukko_0618_207子どもたちも、見違えるくらい大きくなってることでしょう。

2485/ 大槌町吉里吉里の惨状

ガソリンスタンドの空気ぬきと、向こうの林の杉のかたむきが同じ角度に曲がっています。

右側が海、津波は引く時にもすごい力を発揮したのがよくわかります。

SN3J0019.jpg

車からおりて逃げたから助かった!という、男性にお話をきくことができました。

道をあける作業、岡山の両備バスさんが、バスを運んできてくれて、ほんとに助かったこと、結局地元の人たちが力を合わせて、復興するしかないことなど、政府にまかせられない過酷な現実を語ってくださいました。

波は20秒で押し寄せ、走る消防車につかまった人は助かり、あとはのまれてしまったことなど、現地の方の生の声をきくと、胸がつまってしまいます。

こんなに綺麗な海岸なのに・・というと、地震前はもっと綺麗でした・・と。

美しい平和だった町にもどることはできるのか、不安も感じます。どうやって応援したらいいのか、非力な自分を悔みます。SN3J0019.jpg

2484/ 宮古の海鮮尽くし

宮古ももちろん大きな被害はありましたが、元気なお店はすでに再開し、

とてもにぎわっています。

こちら無礼講さんは、海鮮を扱う非常にレベルの高いお店で、まず突き出しに、松葉ガニ、ダダチャ豆が出てきます。

110618_2051~01.jpg

これだけでもかなり満足なのに、お刺身の盛り合わせは一人前がこれ。

110618_2051~01.jpg

うに、ほや、どんこ、いか、ほっき、とろ、たいらぎ、赤貝・・・うになど、むきたての鮮度と風味がたまりません。

110618_2051~01.jpg

あぶりほっきは、半生のぷりぷり。

110618_2051~01.jpg

お魚の種類ごとにメニューがあります。いかだけでも8種類。ご主人の意気込みを感じます。

毛がにの山。

この三陸海岸がいかに海の幸の宝庫だったか、それだけに、今回の津波の傷跡は深いのでしょう。

110618_2051~01.jpg

2482/ 陸中山田駅

ほとんどがさら地ですが、陸中山田駅は、無残な状態のままのこっていました。

トイレの男女のとびらが、それぞれ同じ向きにゆがんでいたり、線路がいいようのない曲がり方をしていたり、

プラットフォームの屋根は、どうしたらそんな形になるのか・・という感じで、異臭もたちこめています。

110618_1909~01.jpg

110618_1909~01.jpg

110618_1909~01.jpg

110618_1909~01.jpg

110618_1909~01.jpg

2479/ いよいよ準備

変わり果てた町の様相に唖然としてばかりいられません!

この軍手で重い食材を運びます。

110618_1030~01.jpg

お好み焼粉、たこ焼粉、キャベツ、豚バラ、卵、たこ焼器、プロパン・・・

110618_1030~01.jpg

はやっぴ、でんちゃん、雷太君たち、日本コナモン協会メンバーは黙々とスタンバイ中。

110618_1030~01.jpg

荷物はすべて、クロネコヤマトの山田町センター止め。

ヤマトの方々も親切で助かりました。ここに置いてあるハッカキャンデーはおいしいです、癒されます(^ ^;

110618_1030~01.jpg

こちらが復興食堂の会場です。

110618_1030~01.jpg

ギャラリー
  • 2960/ 秀吉の末裔さん&関ジャニ∞さんにフノヤキを!
  • 2959/  粉もんプリンセスのライブツアー最終日
  • 2959/  粉もんプリンセスのライブツアー最終日
  • 2959/  粉もんプリンセスのライブツアー最終日
  • 2959/  粉もんプリンセスのライブツアー最終日
  • 2958/  ジョブチューンで一刀両断‼︎
  • 2958/  ジョブチューンで一刀両断‼︎
  • 2958/  ジョブチューンで一刀両断‼︎
  • 2957/ 蛸半夏生まつり in 道頓堀
日本コナモン協会
アーカイブ
  • ライブドアブログ